ほんとうの空色・離れ

突然離れになりました。くつろぎの間となります。宜しくです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ふたりのピアフ」を古材の森で観てきたよ

ゆうべは前原(福岡県です)まで出掛けて、ステージを観てきました。
女優さんの語りシンガーさんのシャンソンピアノで紡ぐ、エディット・ピアフの物語。
オリジナル脚本です。
出演者の皆さんが、皆さんで作り上げていった脚本のようです。

すてきな舞台でした!
まずライヴ感たっぷり
本当に舞台が近くて、小さくてという物理的な理由もあったのでしょうが
ともかく演者のみなさんの存在感がひしひしと伝わってきて、
目の前で確かに演じられることを目撃しているという感覚と
会場がまるごとひとつの空間、という実感がしっかりする2時間でした。

実は芝居などに行っても、ライヴ感をなぜか感じられずに終わることの多い自分ですが
昨夜は本当に、「行って」よかった、と思いました。
ダイレクトなよろこび、というか。

内容については、いろんなことを考えたなあ。
「ステージに立つということ」
「ものをつくるということ」
「生きるということ」
「愛するということ」

などについていろいろと。

「生き方」って・・・
うーん・・・。

会場の「古材の森」さんは、筑前前原駅から徒歩10分くらいかな?
昔の豪商の屋敷(土間はきっとお店だったんだろうな)を保存利用したレストランで、
広々とおくゆかしい店内、奥に行くと庭の見える席もあります。
お食事は今注目の糸島の食材を使った「からだにやさし」そうな丁寧なお料理。
おいしかった♪


kozai-1.jpg


kozai-2.jpg


kozai-3.jpg


こちらではなにかと文化イベントをなさっている由。
次は落語みたいです。
ふふふふふ。





関連記事、書いてます。

劇作日記 http://bnrn.sblo.jp/article/164975395.html
「ふたりのピアフ」を観て感じたこと
【 2015/10/04 (Sun) 】 舞台 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Mel

Author:Mel
「文化系アメニティ研究家(http://culture-konpeitoh.net/)」「劇作スタジオBNRN主宰(演出家、脚本家、役者。https://www.facebook.com/
sinonomeyuu)」であるMel(西裕子)の気ままなブログ。毎日のこと、考えたこと、本のこと、コスメのこと(笑)などを書き綴りながら、たまに活動のご紹介などもしています。福岡市在住。
(プロフィール画像 Lilith様 http://lilith.websozai.jp/)

別ブログへのご案内
管理人の別ブログのご案内はこちら。 なにかと手出ししております。
☆☆☆☆☆☆
今月の「気分な」本
シチュー引きずり回し
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。