ほんとうの空色・離れ

突然離れになりました。くつろぎの間となります。宜しくです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「法隆寺展」

お休みだったので、市内お気に入りスポットを結んでタウンウォーキング。
で、市美術館のそばを通ったら、そうそう、「法隆寺展」やるんだった。
覗いてみると、先週末から会期に入っていたようで、そのまま観覧に及びました。
開館からそれほど時間が経っていなかったせいもあるのか、
お客様も混み合うほどではなく、ほどよい雰囲気でゆっくり観ることができました。

総じて好もしい展示でした。
点数はやや抑えめかな?とも思いましたが、このくらいが丁度いいかも。
いつも多すぎて、疲れてしまいます(笑)。
展覧会に行くといつも、あーもっと知識を入れとくべきだーと思うのですが、
今回もそう。
仏像、好きなのですがいかんせん、好きなわりには勉強不足ですわ。
今日の仏像はどれも好きでした。
あの辺いいなー。アルカイックスマイル〜♪
お身体がちょっと薄くてしなやかで、手指がすんなり。
あー、手印にももっと詳しくなりたかったんだった。
いいぞ、夢違観音

絵はたいてい絹本で(紙、あったっけ?)、
最近読んだ本が絹本について触れていたので、人生初めてのレベルでどれもこれもをじろじろ観る(笑)。
一枚の絵の中で、時系列に沿ってエピソードが綴ってあるのって、おなじみながらやっぱり面白い、
そしてちょっとマンガみたいだ〜と思いましたが、
こういう書き方って、あとはどこがするのかな?
普通になされていたんでしょうか。
西洋画の例が記憶にない。要調査。

聖徳太子「伝説」を扱った絵などには、パターンがいろいろ成立していて、
型ごとに多く作られていたんですね。
「伝説」そして作品が、「意図」に因って作成されてたんだな・・・ってとこで不思議と感慨深かったのですが、
その「意図」も調査対象になりますね♪
誰が。どうしたくて。何のために。
そう、人は「どうか」したくて創るのでしょう。
いつも、いつも。

木彫りのお面の展示もあって、それをよーく見ていると、目の穴のとこ、木の肌が見える。
それを見て、あ、木を彫ってる、ってまあ当たり前なわけですが、
「人が」「木を」「彫った」んだってとこがやたらリアルに感じられました。
そしてそこにも思いがある。
そのお面はお祭りのために作られたようで、そのお祭りが始まったことにも思いがある。
「どうか」したくて。
「作る」。

あとは法隆寺♪
もういっぺん行きたい(「日本建築集中講義」も読んだことだし)。
斑鳩の夜明け、見たいなあ。
今度行ったら早起きするぞ(笑)・・・・。


福岡市美術館「法隆寺展」


【 2014/04/24 (Thu) 】 うつくしいもの | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Mel

Author:Mel
「文化系アメニティ研究家(http://culture-konpeitoh.net/)」「劇作スタジオBNRN主宰(演出家、脚本家、役者。https://www.facebook.com/
sinonomeyuu)」であるMel(西裕子)の気ままなブログ。毎日のこと、考えたこと、本のこと、コスメのこと(笑)などを書き綴りながら、たまに活動のご紹介などもしています。福岡市在住。
(プロフィール画像 Lilith様 http://lilith.websozai.jp/)

別ブログへのご案内
管理人の別ブログのご案内はこちら。 なにかと手出ししております。
☆☆☆☆☆☆
今月の「気分な」本
シチュー引きずり回し
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。